宅配サービスと配達の違い、糖尿病食の方に安心して届けるために

文字だけでもわかる通り、まず配達は家だけとか個室で住所が分かれば届けられると思いますが、実際の配達は、どんなとこでも届けてくれるのです。

例えば、公園、道路の目印があれば交差点、空き地などでも可能なのです。

なので、急いできてほしいなどというときは実際に家にいなくてもどこでも来てくれるのです。

逆に宅配は、家、マンション、住所があるとこ限定なのです。

実際に利用している人は、糖尿病食の方や家で介護している人に利用されています。

配達では住所が分からない所に呼んでしまうと後々、呼ばなければよかったとか思ったりしますし、宅配となると、完全に住所もわかるので時間指定をすればしっかりとくるのです。

糖尿病食の方や家で病気を抱えながら過ごしている人は最も時間にルーズなので時間に気を付けていて、時間指定もできる宅配にしているのです。

配達をすることによってもし留守中でも来ましたよっていう物を置いていきます、宅配はないので頼んだ時は、しっかりと時間を守りましょう。

ご飯、物など届けるために運転手はあることを思いながら届けているのです。

運転をして届けるのにただ届ければいいと思わずまずは無事故、無違反で運転をしています。

届けるだけなのになぜ時間指定にするのか?

時間指定をするということは様々なことが想像できます。

例えば、その時間まで出かけている、時間まで家事をやったりしているのではないでしょうか?

宅配の時間を指定することにより、家で介護をしている方は、自分が先にご飯を食べていたり、準備することだって出来るのです。

糖尿病食の方に届ける時は安心して食べて頂けるように安全運転で宅配しなければなりません。

糖尿病食は、代表的ですが他にもいろいろな症状の方がいて、その方たちのご飯などを運ぶときは、ある意味運転手の方を頼っているのでプレッシャーと思われてしまいますが、感謝しているのです。

症状を抱えている人限定ではなくて食べ物、荷物を運んでいる時は、みんな運転手は慎重に運んでいるのです。